Androidのメモとか

ポキオの日記です。今日も遅延してない。

GooglePhotoMarkdownerを更新しました

ちょっとだけ改善。 前回はオレオレElectronアプリを作りました relativelayout.hatenablog.com Google Photosにアップした写真を秒で、Markdown記法などでブログに埋め込める形に変換する俺得アプリを作りました。今回の改善ポイントは大きく2点です。 mac…

オレオレElectronアプリを作ってGooglePhotosの写真をブログに貼り付ける処理を効率化する

オレオレ。 Google Photosの写真をブログに 皆さんはブログに載せる写真をどこに保存してますでしょうか。私は面倒くさいので、よくGoogle Photosに写真をアップロードして、StackEditなどでその写真へのリンクを取得してMarkdownでブログに埋め込んでいます…

Electronでアプリを作るときにハマったメモ

メモ。 Electronはじめました 前回からElectronアプリを書き始めたんですが、何箇所かハマったのでメモ。 relativelayout.hatenablog.com Zoomを無効にしたい フツーにアプリをElectronで作ると、タッチパッドのピンチイン・ピンチアウトが効いてしまって、…

ElectronでmacOSアプリをチョッパヤで書いてみる

意外と簡単? Electronとは? これ。 electronjs.org 要はWeb技術でクロスプラットフォームなアプリ開発が出来てしまう、すごいやつです。モバイルアプリではPhonegap・Cordovaなどが有名ですが、そのDesktop版といったところでしょうか。いままで書いてきた…

Google HomeをNode-REDからgoogle-home-notifierを使って喋らせる

SAY YES。 前回はJavaScriptからGoogle Homeを喋らせました relativelayout.hatenablog.com JSでできるんならNode-REDでもイケるんじゃね?って思ってやってみた。 Functionノードではrequireできない この前、こんなコードを書きました。 const googlehome …

育児と鬼とGoogle Home

多分、賛否両論あるので、グチグチ言う人は見ないで下さい。 tl;dr Google Homeをつかって、子供を優しく脅す仕組みを作りました。 子供①と子供②が熱を出しました 保育園の決まりで、熱が37度以上あると登園出来ないし、登園したが途中で熱が37度以上出ると…

Raspberry Piにgoogle-home-notifierを導入するときのメモ

前回はgoogle-home-notifierを導入しました。 relativelayout.hatenablog.com ハマったポイントを書いておきます 要はREADMEをちゃんと読めっていう話なんですが。 git-core libnss-mdns libavahi-compat-libdnssd-dev はインストールすること よしなに、 su…

google-home-notifierをRaspberry PiにインストールしてGoogle Home Miniを喋らせる(追記)

今更ですが。 Google Homeをつかってみます ちょっと前に買ったものの、通電したまま部屋に放置していました。そろそろ触ってあげないとかわいそうなので、触ってあげます。 Google Home出版社/メーカー: googleメディア: オフィス用品この商品を含むブログ…

Android Things 1.0をRaspberry Piでサクッと動かしてみる

ついに1.0。 Android Things 1.0 developer.android.com jp.techcrunch.com I/Oに先立って、Android Thingsが正式リリースされました。APIがガラッと変わったりSupported Devicesが増えたり、色々変わっていますが、相変わらずRaspberry Pi 3Bで動作可能っぽ…

電子ペーパーで京急の運行情報をお知らせしてくれるダァ3号の最近の様子

京急が遅延しても、ダァ3号は平常運転。 「これって紙じゃないの?」 電子ペーパーの質感が絶妙なので、よく言われます。「本当は表示が変わらないんじゃないの?」って。 それもこれも京急のおかげ(せい)で、なかなか遅延しないので、表示が変わらず嬉し…

技術書典4に出します! + Node-RED UG勉強会で話します!

やっていき! 技術書典4(け40) Nefry BTというマイコンに関する本を出します! techbookfest.org 100ページ超えのボリュームで、初心者でもNefry BTでIoTができるような簡単な内容になっています! IoTやってみたいけどキッカケがなぁ・・・ Nefry BT触っ…

EPS8266向け京急遅延情報取得ライブラリを更新しました

MANABIYAでも展示してます! 更新しました! github.com 今回の変更により、EPS8266上のコーディングは変更不要ですが、初回の情報取得時だけ時間がかかります。(理由は後述) ロジック変更しました 京急の運行情報HPがだんだん重くなってきたので、HTTP-GE…

京急遅延ガジェット「ダァ シエリイェスなIoT」に電子ペーパーを組み合わせてみた

ついに3代目。 今までのダァ いままで、いろんなガジェットを作ってきました。 基本コンセプトは「京急線の遅延を検知してユーザーに知らせる」という部分で、ここはブレていないのですが、いままでは光って知らせる系のものでした。 歴代のダァ #keikyu #京急…

近況報告と備忘録

3月一杯で2000形が全編成引退…。 ブログの更新が滞ってますが、生きてます はい。備忘録を兼ねて、近況報告をします。 MANABIYAに出展します manabiya.tech ■技術加工室(IoT展示コーナー) 最新のIoT技術を用いた作品や製品の展示コーナーです。出展者とも気軽…

京急の運行情報を電子ペーパーに表示するアレ

はい。 やっぱり京急 relativelayout.hatenablog.com relativelayout.hatenablog.com 三色電子ペーパーを買って色々遊んでるわけですが、やっぱり京急ネタを実装しないと気がすまないので、やってみました。 運行情報をさり気なく見える化したい 今回は、運…

技術書典に向けてMacにインストールしたmd2reviewとreviewを試しに使ってみようと思った話

とりあえず試運転。 前回は環境構築をしました relativelayout.hatenablog.com インストールしたものの、本当に動くのか心配だったので試運転。 まずはデータの準備 前回の記事(markdown)をつかってみようと思います。前回の記事の頭の部分はこんな感じで…

技術書典に向けてMacにmd2reviewとreviewをインストールしようと思った話

インストールできたのかな・・・? セットアップで泣きそうになった 何かのご縁で技術書典(いつも書展って変換されてイライラする)に出す同人誌の一部を書くことになり、とりあえずセットアップしようと思ったんです。 ちなみに、私の環境は以下の通り。 M…

Waveshare 2.13inch e-Paper HAT (B)を買って3色電子ペーパーを楽しむ(値札を作ってみた編)

これが本来の使い方・・・? 毎度毎度のWaveshare電子ペーパーです 前回まで。 relativelayout.hatenablog.com relativelayout.hatenablog.com WaveshareのRaspberry Pi向けの電子ペーパーハットです。3色表示可能で、この大きさ。もともとは、スーパーとか…

Waveshare 2.13inch e-Paper HAT (B)を買って3色電子ペーパーを楽しむ(画像表示編)

赤が表示できるなら、京急を表示するしかない。 前回は環境構築をしました relativelayout.hatenablog.com とりあえず、何かを表示したいのですが、今回の電子ペーパーは赤・黒・白が表示できるので、京急(というか任意の画像)を表示させてみます。 サンプ…

Waveshare 2.13inch e-Paper HAT (B)を買って3色電子ペーパーを楽しむ(環境構築編)

時代は三色。 Waveshare 2.13inch e-Paper HAT (B) https://www.waveshare.com/product/modules/oleds-lcds/e-paper/2.13inch-e-paper-hat-b.htm Raspberry Pi Zero/Zero Wにピッタリサイズの電子ペーパーハット。しかも、白・黒・赤の三色が表示できるとい…

電車遅延ガジェット作成ハンズオンの第2弾を開催しました

ダァ。 IoT初心者向けNefry BTハンズオン / 電車遅延を通知してみよう vol2 #nefry 開発ボード「Nefry BT」を使ったハンズオン会を開催しました。 dotstudio.connpass.com 4ヶ月ぶり2回目の開催です。前回と全く同じだったのは悔しかったので、ちょっと変えて…

Bootstrapでそれっぽいサイトをチョッパヤで作ってみた

それっぽさ。 Bootstrapとは いい感じのCSSとJSが用意されたコンポーネントライブラリ。味気ない素のエレメントを、ちょっとしたコーディングで今風な感じに仕上げてくれます。 getbootstrap.com Bootstrap is an open source toolkit for developing with H…

micro:bitをWeb Bluetooth APIで通信するときにハマったポイント

たくさんハマりました。 メモメモ micro:bitを買ってから色々といじってましたが、色んな所でハマったのでメモしておきます。 BBC micro:bit (マイクロビット)出版社/メーカー: BBC micro:bitメディア: エレクトロニクスこの商品を含むブログ (1件) を見る…

micro:bitのLEDをWeb Bluetooth APIで制御してみる

micro:bit x Web Bluetooth APIの最終章。 最後はLED micro:bitのBLEを色々いじってきました。 relativelayout.hatenablog.com relativelayout.hatenablog.com relativelayout.hatenablog.com relativelayout.hatenablog.com ちょっとキリがないので、今回の…

電池ボックスを改造してmicro:bitの電源をスマートな感じで供給できるようにした

なんかいい感じ! 所謂、電源どうするんだ問題 マイコンを触ってて、いつもぶち当たる問題の一つが電源。 BBC micro:bit go スターターキット リテールBOX(CFD販売 6ヶ月製品保証付)出版社/メーカー: MICRO:BIT発売日: 2017/08/05メディア: Personal Compute…

micro:bitのボタンのステータスをWeb Bluetooth APIで読み取ってみる

第4弾! ボタンのステータスを読み取ります さてさて、加速度、磁気、温度、そして今回はボタンです。 relativelayout.hatenablog.com relativelayout.hatenablog.com relativelayout.hatenablog.com micro:bit、今回は百均で売ってた単三電池→USB5V出力す…

micro:bitの温度センサーの値をWeb Bluetooth APIで読み取ってみる

夜な夜なコーディング、第3弾。 今回は温度センサー 加速度センサー、磁気センサーとやってきました。今回は温度センサー。温度も取れちゃうんですね、早速Web Bluetoothしてしまいましょう。 relativelayout.hatenablog.com relativelayout.hatenablog.com…

micro:bitの磁気センサーの値をWeb Bluetooth APIで読み取ってみる

micro:bitはBLEのインターフェイスが充実! 今度は磁気センサー 前回は、加速度センサーの値をWeb Bluetooth APIを使ってブラウザから読み込んでみました。 relativelayout.hatenablog.com そして、今回は磁気センサーの値を読んでみました。 BBC micro:bit …

micro:bitの加速度センサーの値をWeb Bluetooth APIで読み取ってみる

Web Bluetooth APIがmicro:bitを面白くする。 よっ、Web Bluetooth API! 前回は、JavaScriptブロックエディタのような、チョッパヤプログラミングでも、Bluetoothがいろいろ使えそうであるということがわかりました。 relativelayout.hatenablog.com となれ…

micro:bitのBluetooth機能をJavaScriptブロックエディタでフルで使えるようにする

使わなきゃもったいない! 奥が深いmicro:bit micro:bitは言うまでもないですが、BLEが使えます。しかしJavaScriptブロックエディタでは、パット見、Bluetooth関係のブロックが見当たらないような・・・。というわけで、JavaScriptブロックエディタでもBluet…

「Androidのメモとか」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログは個人的なメモ書きであったり、考えを書く場所であります。執筆者の所属する団体や企業のコメントや意向とは無関係であります。また、このブログは必ずしも正しいことが書かれているとは限らず、誤字脱字や意図せず誤った情報を載せる場合がありえます。それが原因で読者が不利益を被ったとしても、執筆者はいかなる責任も負いません。ありがとうございます。