Androidのメモとか

ポキオの日記です。今日も遅延してない。

micro:bitのボタンのステータスをWeb Bluetooth APIで読み取ってみる

第4弾! ボタンのステータスを読み取ります さてさて、加速度、磁気、温度、そして今回はボタンです。 relativelayout.hatenablog.com relativelayout.hatenablog.com relativelayout.hatenablog.com micro:bit、今回は百均で売ってた単三電池→USB5V出力す…

micro:bitの温度センサーの値をWeb Bluetooth APIで読み取ってみる

夜な夜なコーディング、第3弾。 今回は温度センサー 加速度センサー、磁気センサーとやってきました。今回は温度センサー。温度も取れちゃうんですね、早速Web Bluetoothしてしまいましょう。 relativelayout.hatenablog.com relativelayout.hatenablog.com…

micro:bitの磁気センサーの値をWeb Bluetooth APIで読み取ってみる

micro:bitはBLEのインターフェイスが充実! 今度は磁気センサー 前回は、加速度センサーの値をWeb Bluetooth APIを使ってブラウザから読み込んでみました。 relativelayout.hatenablog.com そして、今回は磁気センサーの値を読んでみました。 BBC micro:bit …

micro:bitの加速度センサーの値をWeb Bluetooth APIで読み取ってみる

Web Bluetooth APIがmicro:bitを面白くする。 よっ、Web Bluetooth API! 前回は、JavaScriptブロックエディタのような、チョッパヤプログラミングでも、Bluetoothがいろいろ使えそうであるということがわかりました。 relativelayout.hatenablog.com となれ…

micro:bitのBluetooth機能をJavaScriptブロックエディタでフルで使えるようにする

使わなきゃもったいない! 奥が深いmicro:bit micro:bitは言うまでもないですが、BLEが使えます。しかしJavaScriptブロックエディタでは、パット見、Bluetooth関係のブロックが見当たらないような・・・。というわけで、JavaScriptブロックエディタでもBluet…

micro:bitで京急のドレミファインバーターを奏でさせてみた

正確には「ファソラシドレミファソー」 ちょっと前に買ったmicro:bit relativelayout.hatenablog.com とにかくチョッパヤでコーディングできて、意外と高性能なのが良いですね。今回は、micro:bitにスピーカーを接続して、京急のドレミファインバーターを奏…

Raspberry Pi + Speaker pHat で京急の運行情報を喋らせてみる

OK、京急! ノリで買ったSpeaker pHat ちょっと前にこれを買いました。 Pimoroni Speaker pHAT - スピーカー pHAT キット出版社/メーカー: Pimoroniメディア: エレクトロニクスこの商品を含むブログを見る Lチカ、電子ペーパー、と来たら、次は音。とりあえ…

micro:bitをMicrosoft Block Editorでちょっぱやコーディングしてみた

ついうっかり購入。 micro:bitとは The Micro:bit Foundation is a global non-profit organisation making invention with technology fun for everyone! BBC Micro:bitは1980年代に情報教育のために英国放送協会が開発したBBC Microが各学校で使用されたよ…

PaPiRus Hatで日本語を表示するためのスクリプトを作りました

日本語が表示できれば、あとはなんでもできる! 前回まで ノリで買ってしまったRaspberry Pi向けの電子ペーパーHAT、PaPiRusと遊んでいました。 relativelayout.hatenablog.com relativelayout.hatenablog.com relativelayout.hatenablog.com せっかくなので…

Raspberry Pi + Node-RED + PaPiRus Hatで作った京急の種別幕をアップデートした

(ちょっと更新しました) 更に改造。 前回は決め打ちの画像を表示させていました relativelayout.hatenablog.com これだと、好きな文字が表示できないのでちょっとアレでした。今回はさらに、動的に画像をPythonで作って、それをPaPiRusに貼り付けられるよ…

Raspberry Pi + Node-RED + PaPiRus Hatで京急の種別幕を作ってみた

取り敢えず京急。 電子ペーパーの使いみち relativelayout.hatenablog.com 電子ペーパーのシールドであるPaPiRusを買ってみたものの、使いみちがあまりなくてちょっとさみしかったので、京急の種別幕を作ってみました。そして、PaPiRus Hatには物理ボタンが4…

Raspberry PiとPaPiRus Hatで電子ペーパーデビューしてみた

電子ペーパーに手を出した! PaPiRusとは? www.pi-supply.com github.com Raspberry Pi向けの電子ペーパーハット(シールド)のことです。気軽に電子ペーパーにチャレンジできるのと、APIもちゃんと準備されているので、色々楽しめそうです。 とりあえず触…

Google Photosにアップした写真を簡単にブログに貼り付けるためのツールをGoogle Apps Scriptで書いた

GASってWebページも作れるんですね! オレオレツールを作りました 今まで、ブログで使っている写真はすべてGoogle Photosにアップした写真を某外部ツールを使って貼り付けていました。ただ、そのツールのサポートが終了したので、代替ツールを作ってみました…

Raspberry Piのセットアップをただひたすらやってたのでメモ

ラズパイのセットアップを淡々とやるマンだったのでメモ。 OS(Raspbian)のダウンロード まずはOSのダウンロード。 www.raspberrypi.org ここから無料でダウンロードできます。執筆時はRaspbian Stretch(Devian 9)でした。 OSをSDカードに焼く 一昔前だと…

あめましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします 今年もいろんなことにチャレンジしていきたいです。去年は、食わず嫌いで放っておいたけど、いざ使ってみるとマジで最高だった見たいな事があったので、今年は最初から食わず嫌いせずに挑戦していこうと思います。 福袋見て購入…

2017年のふりかえり

今年もお世話になりました。 振り返り 今年は、いろいろなことに手を出してきました。いろいろなボード、いろいろな言語、いろいろなレイヤー、、、。そしてハンズオン形式のワークショップ開催やいろいろなイベントへの参加。楽しいことだらけの一年でした…

ESP8266向けのIFTTTライブラリを更新しました:値の送信に対応

大晦日ですね。 ライブラリを更新しました github.com 公開中のESP8266IFTTTですが、今回v1.1をリリースしました。今回の更新により、値の送信が可能になりました。 いままでは、 IFTTT.trigger(IFTTT_WEBHOOK_NAME, IFTTT_KEY); こんな感じで、IFTTT Webhoo…

Raspberry Pi用の7インチタッチパネルを買ったのでメモ

むしゃくしゃして買ったパティーン。 これ買いました むしゃくしゃして買った。悪気はなかった。反省している。などと。 #raspberrypi https://t.co/ryulLOPDzd pic.twitter.com/a9ly9iXRH7— ポキオ (@pokiiio) 2017年12月26日 Raspberry Pi 3 Model B V1.2 …

IBM CloudのWatson IoT Platformを使ってNode-REDとESP8266でPub/Subしてみた

PubったりSubったり。 いままでの話 relativelayout.hatenablog.com relativelayout.hatenablog.com 今回はMQTT IBM Cloud上のNode-REDとESP8266をMQTTで双方向通信をしてみようと思います。 www.ibm.com 所謂HTTPな通信に比べて軽量なデータなのでIoTに向い…

折角なのでRaspberry Pi上のNode-REDを(SSHから)動かしてみた

IBM Cloudもいいけどね! 前回は、IBM Cloud上でNode-REDを動かしました relativelayout.hatenablog.com @1ft_seabassさんや色んな人に、Raspberry Piでも動くよと言われたので、動かしてみました。たしかに、メニュー上に合ったような気がしたけど、起動し…

IBM Cloudライト・アカウントを使ってNode-REDを使ってみたんだけどすごみしかなかった

LISAおかえり!こんにちはポキオです。 不順など動機からIBM Cloudライト・アカウントをつくる アドベントカレンダーも一段落したので、なにかやりたくて震えてた。 special.nikkeibp.co.jp そういえば最近IBMからビシビシメールが来てたし、IBM Cloudの無料…

今年のアドベントカレンダーを一通り書き終えたので休憩

気づけば師走。 今年はアドベントカレンダーに参加しました いままでROMってたんですが、今年は書いてみました。Qiitaは変なことを書くとすぐにマサカリが飛んでくる印象があって、微妙なことは書けないなと思ってたんですが、いままで大したIoT工作をしたこ…

自作ライブラリを使ってクリスマスツリーのイルミネーションを作った

パパは頑張った。 娘との約束 私「早く寝れたら、クリスマスツリーが光るよ」 娘「わかった」 最近、夜の寝かしつけに苦労している娘との約束。「光るよ」というパワーワードにヤラれたのか、その日は素直に寝てくれたので、父は頑張りました。 というわけで…

gitのコミットでauthorとcommitterがバラバラになってたので必死で直した

なぜなぜ案件。 やらかした pokiiio.github.io Github Pagesで色々遊んでたんですが、コミットする環境によってauthorとcomitterがバラバラになってました。全部pokioアカウントで統一したかったんですが、他のアカウントのものが混じってしまい必死で修正し…

GitHub PagesでWebページを無料でチョッパヤで作ってみた

久々のWebページ制作 GitHub Pages pages.github.com GitHubアカウントを持ってれば、簡単にWebページが無料で作れるサービス。もともとはWeb Bluetoothなページを作って、それをスマホでデバッグする時に、どこかに簡単にホスティングできないかと調べてい…

ArduinoやESP8266/ESP32でのNeoPixelなLEDをエモく光らせるライブラリを作った

たかがLチカ、されどLチカ。 github.com ライブラリをつくりました 個人的によく使う関数をライブラリ化しただけのオレオレ企画。Adafruit NeoPixel Libraryが入っていること前提ですが、じんわり光らせるBlink.softly()とパリピ点滅を楽しめるBlink.likePar…

よく使うIFTTT WebhookをESP8266から叩くコードをライブラリ化してみた

大したアレじゃないんですが。 まいどまいど、変なものを作ってます YES/NO枕のデジタル化に挑んでる。 https://t.co/UFqGoTuMoJ pic.twitter.com/KnaurZ43iA— ポキオ (@pokiiio) November 23, 2017 アドベントカレンダーに向けて、変なものをいっぱい作って…

秋のJavaScript祭 in mixi 2017で登壇してきました

ジャッヴァスクリプトォォォォォォォ。 秋のJavaScript祭 in mixi 2017 javascript-fes.doorkeeper.jp なんで私がJSなのか?そう思う方もいらっしゃると思いますが、IoT x JSという切り口で話してきました。 場所は渋谷のmixiさん。おしゃれなスペースをありがとうございま…

SUZURIデビューをしてTシャツの販売を始めました

完全に思い出作り。 オリジナルデザインのTシャツ suzuri.jp SUZURIさんで、ポキオストアーをオープンしました。もともとLINEのスタンプを作っていたんですが、途中で心が折れてしまい。手元に余ったどうしようもないイラストをちょっとずつ消化していこうと…

Unityで使う3DモデルをSculptrisで作ってみる

前回はUnityのセットアップをしました。 relativelayout.hatenablog.com 3Dオブジェクトをサクっと作る 専門知識もないので、兎に角簡単で作れる方法を。そして無料で。 で、いうわけで行き着いたのがScultpris。 pixologic.com 基本的にマウス操作だけで3D…

「Androidのメモとか」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログは個人的なメモ書きであったり、考えを書く場所であります。執筆者の所属する団体や企業のコメントや意向とは無関係であります。また、このブログは必ずしも正しいことが書かれているとは限らず、誤字脱字や意図せず誤った情報を載せる場合がありえます。それが原因で読者が不利益を被ったとしても、執筆者はいかなる責任も負いません。ありがとうございます。