Androidのメモとか

ポキオの日記です。京急は神。

ESPr Developer (ESP-WROOM-02開発ボード) の開発環境を整えてみる

スポンサードリンク

ESPr Developerとは

ESPr Developer(ESP-WROOM-02開発ボード)

www.switch-science.com

ESP-WROOM-02(いわゆるESP8266)が乗ったボード。USBシリアル変換基板も乗っているので、PCとUSB接続してそのまま開発ができます。開発環境としてはArduinoIDEが利用可能です。

まずはピンヘッダをハンダ付け

ESPr Developerにはピンやソケットが実装されてないので、今回はピンヘッダをハンダ付けして、ブレッドボードにさせるようにしました。

ESPr Developer ESP8266 ESP-WROOM-02

開発環境を整える

公式サイトに詳しく書かれているので、読んでみてください。

http://trac.switch-science.com/wiki/esp_dev_arduino_idetrac.switch-science.com

これでArduino IDEで、コードのコンパイルとESPr Developerへの流し込みができるようになります。・・・ですが。

落とし穴:Mac OSX (Yosemite)だと上手くコンパイルしたデータをESPr Developerに書き込めない

ATコマンドは打てるので、MacからESPr Developerを認識できていると思うのですが、いざコードを流し込もうとすると、

warning: espcomm_send_command: cant receive slip payload data

みたいなエラーが発生して、書き込めません。そんな時はESPTOOLを使うと上手く書き込めるそうです。

github.com

pipコマンドでも$ pip install esptoolのようにインストールできますし、GITのソースをクローンしてきてsetup.pyを実行してもインストールできます。ぶっちゃけインストールする必要は無いんですが、重要なのはesptool.pyで、コンパイルしたデータを書き込む部分をesptool.pyにさせることで問題を回避できるそうです。

/Users/$USER/Library/Arduino15/packages/esp8266/hardware/esp8266/2.3.0/にあるplatform.txtの一部分を書き換えます。

tools.esptool.upload.pattern="{path}/{cmd}" {upload.verbose} -cd {upload.resetmethod} -cb {upload.speed} -cp "{serial.port}" -ca 0x00000 -cf "{build.path}/{build.project_name}_00000.bin" -ca 0x10000 -cf "{build.path}/{build.project_name}_10000.bin"

こんな部分を、

#tools.esptool.upload.pattern="{path}/{cmd}" {upload.verbose} -cd {upload.resetmethod} -cb {upload.speed} -cp "{serial.port}" -ca 0x00000 -cf "{build.path}/{build.project_name}_00000.bin" -ca 0x10000 -cf "{build.path}/{build.project_name}_10000.bin"
tools.esptool.upload.pattern="/Users/$USER/tmp/esp8266/esptool/esptool.py" --port "{serial.port}" write_flash 0x00000 "{build.path}/{build.project_name}_00000.bin"  0x10000  "{build.path}/{build.project_name}_10000.bin"

こんな感じに書き換えます。/Users/$USER/tmp/esp8266/esptool/esptool.pyは適当な場所にコピーしてきて、そのパスを書いてあげればOKです。

さらなる落とし穴:なぜかesptool.pyが実行できない

いやいや、これで上手く言ったと思ったんですが。

No module named serial

え?SerialがImportできないと仰せ。pipでpyserialをインストールしても無理・・・これは諦めるしか無いのか・・・。

Windowsからは問題なく書き込めました

ちゃんとUSBシリアル変換のドライバーさえインストールしておけば問題無いです。ESPr DeveloperはFT231XSを使用しているので、下記のサイトからドライバーをダウンロードできます。

www.ftdichip.com

泣く泣くWindowsからプログラム流し込み・・・。 テキトーにLチカ。

ESPr Developer ESP8266

「Androidのメモとか」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログは個人的なメモ書きであったり、考えを書く場所であります。執筆者の所属する団体や企業のコメントや意向とは無関係であります。また、このブログは必ずしも正しいことが書かれているとは限らず、誤字脱字や意図せず誤った情報を載せる場合がありえます。それが原因で読者が不利益を被ったとしても、執筆者はいかなる責任も負いません。ありがとうございます。