読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Androidのメモとか

AndroidよりESP8266の記事が多いんだよね

ESP8266で自宅での電力消費量を測ってみようと思った(パート4)

スポンサードリンク

ESP8266のDeepSleepに対応する電源を探す

前回。 relativelayout.hatenablog.com

ESP8266

ESP8266の目玉であるDeepSleepモード。低消費電力で処理をサスペンドできる。それは良いのだが、あまりにも低消費電力というのが仇となり、最近のモバイルバッテリーでは給電が止まってしまう。

本当はCheeroさんがだしているIoT機器対応のモバイルバッテリーを使えば良いのだが、もしかしたら手持ちのモバイルバッテリーでも対応しているものが有るかもしれない。そういうことで、家中のモバイルバッテリーを試してみた。

ESP8266対応のモバイルバッテリーはこれだ!

まずは前回のエネループ。単3のエネループを2本使うタイプ。意外と単3×2だと心もとないような。

SANYO eneloop USB出力付ハンディ電源(単3形2個セット) KBC-D1BS

SANYO eneloop USB出力付ハンディ電源(単3形2個セット) KBC-D1BS

次に、ソニーのモバイルバッテリー(2台!)。意外と使えました。ただし、容量に関しては一昔前ということもあり少々少なめ。もしかしたら経年劣化で若干ヘタってるかもしれませんが。。。

ソニー バッテリー内蔵型USB ACチャージャー AC-UP100

ソニー バッテリー内蔵型USB ACチャージャー AC-UP100

SONY スマートフォン用USB出力(2口)機能付 ポータブル電源(高容量リチウムイオン) CP-A2LS

SONY スマートフォン用USB出力(2口)機能付 ポータブル電源(高容量リチウムイオン) CP-A2LS

どのくらい耐久性が有るか実験

SONY

前回作成した、1分おきに配電盤から消費電流を測るガジェットを使って、バッテリーがどのくらい持つか確認しました。

SANYO eneloop USB出力付ハンディ電源(単3形2個セット) KBC-D1BS ソニー バッテリー内蔵型USB ACチャージャー AC-UP100 SONY スマートフォン用USB出力(2口)機能付 ポータブル電源(高容量リチウムイオン) CP-A2LS
40時間 29.5時間 63.5時間

まぁ、こんなもんでしょうか。どれも数日程度持ちそうということがわかりました。ただ、配電盤監視という用途を考えると、1週間くらい持って欲しい気はしなくもないですが、そこはロジック自体見直しが必要かもしれません。

「Androidのメモとか」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログは個人的なメモ書きであったり、考えを書く場所であります。執筆者の所属する団体や企業のコメントや意向とは無関係であります。また、このブログは必ずしも正しいことが書かれているとは限らず、誤字脱字や意図せず誤った情報を載せる場合がありえます。それが原因で読者が不利益を被ったとしても、執筆者はいかなる責任も負いません。ありがとうございます。