Androidのメモとか

ポキオの日記です。京急は神。

リクルートのAIを無料で使えるA3RTをGASから触ってみる

スポンサードリンク

久々のGAS案件。

A3RTとは?

まぁ、このあたりを見てください。

a3rt.recruit-tech.co.jp

bita.jp

リクルートのAIであるA3RT、今回一般人にも無料で公開されたことで、夢が広がる結果となりました。

A3RT(アート)は「ANALYTICS & ARTIFICIAL INTELLIGENCE API VIA RECRUIT TECHNOLOGIES」の略称です。

公開されたのは、以下の6つのAPI

今回は、その中からTalk APIを使ってみました。

Talk APIとは

Talk APIはChatbotを作成するためのAPIです。 Recurrent Neural Network(LSTM)を用いた入力文からの応答文生成による日常会話応答機能を提供します。 Talk APIを活用したChatbotによって様々なアプリケーション上でユーザとの対話を自動化し、 どのようなタイミングにおいても即座にユーザからの問いかけに対して応答することができます。

友達がいない僕でも、話し相手になってくれそう。とりあえず使ってみようと思います。ただ使うのは芸がないので、GASからA3RTを叩いてみます。

API KEYさえあれば実装は簡単

とはいえ、APIを使うこと自体は本当に簡単。A3RTのページからAPI KEYを取得して、Endpoint URLにAPI KEYと単語をPOSTするだけ。レスポンスもJSONで返ってきます。クソコードはこんな感じ。メソッドを分けているのは、今後の伸びしろのため(笑)

var url = "https://api.a3rt.recruit-tech.co.jp/talk/v1/smalltalk";
var apikey = "xxxxx";

function myFunction() {
  ask("痩せたい");
}

function ask(message){
  var payload =
      {
        "apikey" : apikey,
        "query" : message
      };
  
  var options =
      {
        "method" : "post",
        "payload" : payload
      };
  
  var response =  UrlFetchApp.fetch(url, options);
  var result = JSON.parse(response.getContentText())["results"][0]["reply"];
  Logger.log(result);
}

痩せたいとつぶやいてみます。

A3RT GAS

「今のままで十分魅力的ですよ」だってさ(笑)

こいつ、ヤルジャン(笑)

あっけなくAPIを使うことができした。 他のサービスと組み合わせれば、かなり夢が広がりそうです。

追記

「夢はなんですか?」「ありません」

「何歳ですか?」「トップシークレットです」

「会社に行きたくないです」「どうしたんですか?」

「旅に出たいです」「旅行はいいですね」

「一緒に温泉に行きませんか?」「ご一緒してみます」

「箱根はどうですか?」「あなたはよくするんですか?」

え・・・

「Androidのメモとか」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログは個人的なメモ書きであったり、考えを書く場所であります。執筆者の所属する団体や企業のコメントや意向とは無関係であります。また、このブログは必ずしも正しいことが書かれているとは限らず、誤字脱字や意図せず誤った情報を載せる場合がありえます。それが原因で読者が不利益を被ったとしても、執筆者はいかなる責任も負いません。ありがとうございます。