Androidのメモとか

AndroidよりESP8266の記事が多いんだよね

ポキオ基板Ver.2を作ってIoTをしてみるよ(その3)

スポンサードリンク

はんだ付けするお。

ポキオ基板

ようやく基板が届きました

前回。

relativelayout.hatenablog.com relativelayout.hatenablog.com

光の速さは言い過ぎですが、データ入稿から10日で手元に届いたポキオ基板Ver.2。今回は部品をはんだ付けしたり、コーディングしていきます。

USB A オスは、大丈夫か?

まず気になるのは、USB A オスのコネクタがちゃんと嵌まるかどうか。

ポキオ基板

はじめてフットプリントをイジっただけに、少し不安ですが、基板を見る限りはイケそう・・・。

ポキオ基板

恐る恐る部品を嵌めてみると・・・ピッタリ嵌りました!気持ちいい!これが嵌まれば、後はヌルゲーです。

ポキオ基板

ピンソケットとマイコン内蔵RGB LEDも半田付けしていきます。ピンソケットは京急に敬意を表して、赤色のものをチョイス。マイコン内蔵RGB LEDは5mmのものを使用。アノードコモンとかカソードコモンとかではなく、Adafruitのライブラリで動くタイプのやつです。

ESPr Developerと合体…///

そう、ピンソケットということはESPr Developerをポキオ基板Ver.2に直付けするわけではなく、いつでも取り外しできるようにしておきます。要はヘタレ実装ということです。

ポキオ基板

ここにESPr Developerがあるじゃろ?( ^ω^) (以下略)

ポキオ基板

こうじゃ!

はい、赤と青。目がチカチカしますね(笑)

さっそくコーディング

基本的にはこの実装をそのまま使いまわします。

relativelayout.hatenablog.com

前回はLEDを4つ使っていましたが、今回は1つなので、#define NUMLED 1とします。さて、光るでしょうか・・・?

ポキオ基板

ピカピカー!光りました!動作確認時は例によって、遅延が一切発生していなかったのであまりおもしろくありませんでしたが、問題なく光りました!

お気持ち表明

かなり雑ではありますが、IoTっぽい基板を作ることができました。京急の遅延以外にも色んな監視をさせて、LEDで通知させてみたいと思います。さて、今回の基板、あんまり京急っぽくないよね?と思う方も多いと思います。

ポキオ基板

この形・・・あ・・・もしかして・・・

ポキオ基板

そうですね、800形ですね。異論は認めません。基板作成、今後はこんなことをしてみたいです。

  • 基板に英数だけじゃなくて漢字やロゴを入れる(Bitmapをゴニョゴニョする・・・?)
  • ESP8266とかESP32を表面実装したい
  • もう少し京急感を出す

はい。頑張ります。

「Androidのメモとか」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログは個人的なメモ書きであったり、考えを書く場所であります。執筆者の所属する団体や企業のコメントや意向とは無関係であります。また、このブログは必ずしも正しいことが書かれているとは限らず、誤字脱字や意図せず誤った情報を載せる場合がありえます。それが原因で読者が不利益を被ったとしても、執筆者はいかなる責任も負いません。ありがとうございます。