Androidのメモとか

ポキオの日記です。京急は神。

Unity(Android)の環境をMacBook Airに構築したんだが難しかった話

スポンサードリンク

UnityなAndroidアプリを作りたくて環境をセットアップしてみましたが、意外とクセモノだったのでメモしておきます。

私の環境

最新のAndroid Studioには非対応

かなり雑な言い方ですが、最新のAndroid StudioにバンドルされてるSDKをUnityで読み込ませても、UnityでAPKのビルドができませんでした。

Android Studio Unity セットアップ

SDKのパスをUnityで登録して、ビルドしようとすると、

Build failure

Unable to list target platforms. Please make sure the android sdk path is correct. See the Console for more details. See the Console for details.

Android Studio Unity セットアップ

こんな感じで怒られます。

stackoverflow.com

ここの情報を参考にさせていただきました。tools(いわゆるコマンドラインツール)のバージョンが26.x.xだとUnityに対応していない模様。25.x.xなtoolsをどこからか落として来る必要があります。

しょうがないのでイチからセットアップする

ここからMac版のtoolsを落としてきます。

http://dl-ssl.google.com/android/repository/tools_r25.2.5-macosx.zip

Android Studioが参照しているSDKディレクトリには、すでに最新のSDKが入っているので、他のディレクトリを適当に掘って解凍します。

Android Studio Unity セットアップ

この状態で、Unityでそのディレクトリを登録して、APKを作ろうとすると、別の理由で怒られます。

Android SDK is outdated

SDK Platform Tools version 0.0.0 < 23.0.0.

そりゃそうで、toolsとは別に、platforms、platform-tools、build-toolsのダウンロードが必要になります。tools/bin/sdkmanagerでそれらをコマンドラインからダウンロードしていきます。 platformsやbuild-toolsは、すべてのバージョンを落とす必要はありません。個人的にはAndroid 6.0以降の端末で動くAPKが作りたかったので、23(Android 6.0)〜25(Android 7.1)あたりのアイテムをインストールします。

Target SDK Versionは25にする

Min SDKもTarget SDKも23で良いかなと思ったんですが、Unityが生成するManifestに、25以降で対応するAttributeが存在するため、Target SDKは25にしておくと安心です。

Build failure

Failed to re-package resources. See the Console for details.

Targetが23のままだと、こんな怒られ方をされて泣きたくなります。

とりあえずAPKは作れるようになった

あとは実装するだけですね!(震え声)

「Androidのメモとか」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログは個人的なメモ書きであったり、考えを書く場所であります。執筆者の所属する団体や企業のコメントや意向とは無関係であります。また、このブログは必ずしも正しいことが書かれているとは限らず、誤字脱字や意図せず誤った情報を載せる場合がありえます。それが原因で読者が不利益を被ったとしても、執筆者はいかなる責任も負いません。ありがとうございます。