Androidのメモとか

ポキオの日記です。今日も遅延してない。

micro:bitの温度センサーの値をWeb Bluetooth APIで読み取ってみる

スポンサードリンク

夜な夜なコーディング、第3弾。

micro:bit web bluetooth api

今回は温度センサー

加速度センサー、磁気センサーとやってきました。今回は温度センサー。温度も取れちゃうんですね、早速Web Bluetoothしてしまいましょう。

relativelayout.hatenablog.com

relativelayout.hatenablog.com

micro:bit、もう一個ほしい・・・。

micro:bit側のプログラミングは全く変わりません!

相変わらず、Bluetooth系のサービスをすべて初期化するコードです。

micro:bit web bluetooth api

今回も変える必要がないので、このままの実装で進めます。

bluetooth.startAccelerometerService()
bluetooth.startButtonService()
bluetooth.startIOPinService()
bluetooth.startLEDService()
bluetooth.startTemperatureService()
bluetooth.startMagnetometerService()

JavaScriptはこんな感じ。はい。

HTML側のプログラミング

例によって、このプロファイル仕様書を参考にしています。やっぱり、これが公式資料なのかな・・・。

Bluetooth Developer Studio - Profile Report

温度センサーは、キャラクタリスティックが2つで、温度を読み取るものと、通知間隔を変えるもの。もう慣れっこですね。

github.com

pokiiio.github.io

コードはgithubをごらんください。micro:bitから温度情報を逐次読み取って、ブラウザに表示します。温度変化があれば、背景色が赤くなったり青くなったりするコードを書きました。

娘にmicro:bitを握らせて、温めて頂きました。

眠かったのか手が温かく、すぐにmicro:bitも温まりました(笑)

「Androidのメモとか」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログは個人的なメモ書きであったり、考えを書く場所であります。執筆者の所属する団体や企業のコメントや意向とは無関係であります。また、このブログは必ずしも正しいことが書かれているとは限らず、誤字脱字や意図せず誤った情報を載せる場合がありえます。それが原因で読者が不利益を被ったとしても、執筆者はいかなる責任も負いません。ありがとうございます。