Androidのメモとか

ポキオの日記です。今日も遅延してない。

技術書典に向けてMacにインストールしたmd2reviewとreviewを試しに使ってみようと思った話

スポンサードリンク

とりあえず試運転。

mac sierra md2review review install

前回は環境構築をしました

relativelayout.hatenablog.com

インストールしたものの、本当に動くのか心配だったので試運転。

まずはデータの準備

前回の記事(markdown)をつかってみようと思います。前回の記事の頭の部分はこんな感じでした。

インストールできたのかな・・・?


![mac sierra md2review review install](https://lh3.googleusercontent.com/yjq_7zReid-_ouWRU8n2bIxfAWiGvRsOXAzIH8nN-gxXLvueeDVA-F7ENVRbnd6niDVdjDwMdQuYIYxZn_3x5xvJEQBny-XF-9T51-naTUurQ7u6w6Uz5GOZruP6EWnYihsRqOB_XSs=s600 "mac sierra md2review review install")


## セットアップで泣きそうになった


何かのご縁で技術書典(いつも書展って変換されてイライラする)に出す同人誌の一部を書くことになり、とりあえずセットアップしようと思ったんです。


ちなみに、私の環境は以下の通り。


> MacBook Air (13-inch, Mid 2013)
>
> macOS Sierra 10.12.6


## まずはgemとかの更新をした(必要だった?)


とりあえず、Markdown→Re:VIEW形式の変換を行ってくれるmd2reviewと、Re:VIEWからTEXとかもろもろに変換してくれるreviewを入れてみようと思ったわけです。どっちもRuby系のツールだけど、うちのMacってgem入ってたかなーと思い、`gem -v`してみたら・・・


```sh
$ gem -v
2.0.14.1
```


ほう、入ってる。なんだ、ヤルジャン。

これをtext.mdというファイル名で保存して変換してみます。

MarkdownRe:VIEW

md2reviewコマンドで簡単に変換できました。

$ md2review test.md > test.re

test.reを開くと、こんな感じ。


インストールできたのかな・・・?



//image[yjq_7zReid-_ouWRU8n2bIxfAWiGvRsOXAzIH8nN-gxXLvueeDVA-F7ENVRbnd6niDVdjDwMdQuYIYxZn_3x5xvJEQBny-XF-9T51-naTUurQ7u6w6Uz5GOZruP6EWnYihsRqOB_XSs=s600][mac sierra md2review review install]{
//}



== セットアップで泣きそうになった


何かのご縁で技術書典(いつも書展って変換されてイライラする)に出す同人誌の一部を書くことになり、とりあえずセットアップしようと思ったんです。



ちなみに、私の環境は以下の通り。


//quote{
MacBook Air (13-inch, Mid 2013)



macOS Sierra 10.12.6

//}

== まずはgemとかの更新をした(必要だった?)


とりあえず、Markdown→Re:VIEW形式の変換を行ってくれるmd2reviewと、Re:VIEWからTEXとかもろもろに変換してくれるreviewを入れてみようと思ったわけです。どっちもRuby系のツールだけど、うちのMacってgem入ってたかなーと思い、@<tt>{gem -v}してみたら・・・


//emlist[][sh]{
$ gem -v
2.0.14.1
//}


ほう、入ってる。なんだ、ヤルジャン。

とりあえずできたっぽい。

Re:VIEW→HTML

PDF化にはMaxTeXが必要で、ファイルサイズが3GB近くあったので、今回はパス。とりあえず、HTML化をやってみました。

$ review-compile --target=html test.re > test.html
W, [2018-02-24T08:15:51.490630 #1780]  WARN -- : configuration file has no review_version property.
!!! CHAPS is obsoleted. please use catalog.yml.
W, [2018-02-24T08:15:51.492547 #1780]  WARN -- : test.re:8: image not bound: yjq_7zReid-_ouWRU8n2bIxfAWiGvRsOXAzIH8nN-gxXLvueeDVA-F7ENVRbnd6niDVdjDwMdQuYIYxZn_3x5xvJEQBny-XF-9T51-naTUurQ7u6w6Uz5GOZruP6EWnYihsRqOB_XSs=s600
!!! PREDEF is obsoleted. please use catalog.yml.
!!! POSTDEF is obsoleted. please use catalog.yml.

また怒られた。

でもtest.htmlはできていて、開いてみると。

mac sierra md2review review install

たしかにimage not boundだ。MarkdownRe:VIEWのタイミングで、URLが変な感じに変換されてしまっていたので、ファイルをreファイルと同じディレクトリに保存して、test.reの画像の指定を以下のように変更。

//image[DSC00320.jpg][mac sierra md2review review install]{
//}

これでイケるかなって思ったんですが。

$ review-compile --target=html test.re > test.html
W, [2018-02-24T09:47:18.488163 #1958]  WARN -- : configuration file has no review_version property.
!!! CHAPS is obsoleted. please use catalog.yml.
W, [2018-02-24T09:47:18.491329 #1958]  WARN -- : test.re:8: image not bound: DSC00320.jpg
!!! PREDEF is obsoleted. please use catalog.yml.
!!! POSTDEF is obsoleted. please use catalog.yml.

また怒られた。

github.com

どうやら、指定したフォルダを見に行くようで、しかも拡張子は要らなさそう。ということで、DSC00320.jpgimagesディレクトリをほってそこに移動。

また、test.reはこんな感じに変更。

//image[DSC00320][mac sierra md2review review install]{
//}

これで、もう一回変換してみると・・・。

$ review-compile --target=html test.re > test.html
W, [2018-02-24T10:00:28.461051 #698]  WARN -- : configuration file has no review_version property.
!!! CHAPS is obsoleted. please use catalog.yml.
!!! PREDEF is obsoleted. please use catalog.yml.
!!! POSTDEF is obsoleted. please use catalog.yml.

相変わらず怒られてますが、test.htmlを再度開いてみると。

mac sierra md2review review install

なんかそれっぽくなってる!

WARN -- : configuration file has no review_version property.
!!! CHAPS is obsoleted. please use catalog.yml.
!!! PREDEF is obsoleted. please use catalog.yml.
!!! POSTDEF is obsoleted. please use catalog.yml.

この辺は、おいおい対応します…(震え声)

「Androidのメモとか」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログは個人的なメモ書きであったり、考えを書く場所であります。執筆者の所属する団体や企業のコメントや意向とは無関係であります。また、このブログは必ずしも正しいことが書かれているとは限らず、誤字脱字や意図せず誤った情報を載せる場合がありえます。それが原因で読者が不利益を被ったとしても、執筆者はいかなる責任も負いません。ありがとうございます。