Androidのメモとか

ポキオの日記です。今日も遅延してない。

レーザーカッターことはじめ

スポンサードリンク

なんでも切っちゃうよ。

ポキオ レーザーカッター Trotec Speedy

レーザーカッターに出会った

ひょんなことからレーザーカッターを使うことができるようになったので、いろいろ作ってみました。ハマった部分をメモしておきます。

ちなみに、作ったものはmicro:bit向けのケースです。

ポキオ レーザーカッター Trotec Speedy

pokio:bitというロゴを付けてみました。無駄に。

ポキオ レーザーカッター Trotec Speedy

micro:bitの特徴でもある大きな穴の空いた端子を利用して、ボルトとナットでケースを固定するようにしています。

ハマりポイント

illustratorからプリントする

使わせていただいているレーザーカッターは、備え付けのPC上のillustratorでデータを読み込んで、そのデータをレーザーカッターのマシンに送る流れになっているのですが・・・。illustratorなんて持ってないのでどうしたものかと。

www.autodesk.co.jp

いろいろネット上の情報を漁ってみた結果、Fusion 360を使ってCADデータをDXFファイルで出力し、それをillustratorで読み込ませてみようと思い、インストールしてみました。

ひとつで完結した製品開発プラットフォームを、年間 60,480 円(税込)でご利用いただけます。

結構お高いのね、と思いきや、非営利な個人使用であれば無料で使えるとのこと。

年間売上高が 100,000 米ドル未満のスタートアップ企業または完全に非営利目的のユーザの場合:

サービス利用規約で資格要件を確認します。

要件を満たす場合、無償体験版をダウンロードし、ガイドの手順に沿ってスタートアップ企業の登録を行うか非営利目的の利用に申し込みます。

Fusion 360は3Dモデルも作れるソフトですが、レーザーカッター向けのデータとして平面のCADデータを作るだけなので、ちょっとオーバースペックですね(笑)

文字の取扱い

Fusion 360で文字を入力した際に、いわゆるアウトライン化を行うのですが、このデータをDXFファイルとしてエクスポートしてillustratorで読み込むと、たまに正しく読み取れません。

具体的には、曲線部分の線がうまくつながっていなくて、塗りつぶしができなかったりしました。とりあえず、illustrator上でCtrl +Jで「複数のパスの連結」をしてなんとかやり過ごしています。ほかにいい方法があれば教えてください・・・。

micro:bitの寸法がよくわからない

細かいサイズのデータとかが見つからず・・・。

https://www.kitronik.co.uk/pdf/bbc_microbit_mechanical_datasheet_V2.pdf

これかなーと思ったのですが、ボタンのサイズやらが記載されてなかったり、若干穴の位置がずれてたり・・・。ちゃんとしたデータがありましたら教えてくださいませ・・・。

どんどんMAKE

とはいえ、思い通りに彫刻・カットできるレーザーカッターは、本当に夢に満ち溢れてますね・・・。無駄にラズパイケースとか作っちゃおうかな。

「Androidのメモとか」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログは個人的なメモ書きであったり、考えを書く場所であります。執筆者の所属する団体や企業のコメントや意向とは無関係であります。また、このブログは必ずしも正しいことが書かれているとは限らず、誤字脱字や意図せず誤った情報を載せる場合がありえます。それが原因で読者が不利益を被ったとしても、執筆者はいかなる責任も負いません。ありがとうございます。