Androidのメモとか

ポキオの日記です。今日も遅延してない。

ツーバイフォーことはじめ

スポンサードリンク

2かける4。

www.instagram.com

tl;dr

  • おうちハックはじめました
  • まずはツーバイフォー木材を買ってきて、それを部屋に突っ張り棒的な感じで立てた
  • そこに、フックや小物入れをつけて遊んだ

ツーバイフォー is what?

マツ科トウヒ属の常緑針葉樹の代表ホワイトウッド(欧州唐檜)やSPF(スプルース=トウヒ類・パイン=松類・ファーモミ類)材。成長が早く、加工のしやすい材として最も広く利用されている材です。 切り出される木口断面寸法が呼称の1インチ×、2インチ×のインチ表示となっていますが、乾燥収縮する段階で実寸は1×材=19mm、2×材=38mmで規格化されています。 ツーバイ工法でもおなじみの規格材は本格建築で使用される材です。構造材として外装を仕上げれば一般建築同様の耐久性。定期的なメンテナンス塗装等腐朽対策を施すことで、屋外デッキや外柵フェンスにも使われるます。

https://joyfulhonda.jp/feature/detail/433/

要は木材なんですが、その断面のサイズが規格化されているため、接合金具やアタッチメントが豊富で安価であるのが特徴。DIY初心者にも優しい感じで、ググれば先行事例をたくさん発見できます。

今回はこのツーバイフォー材をつかって、家の中に突っ張り棒的な感覚で柱を一本生やして、そこにいろいろな収納を取り付けてみようとおもいます。

世はDIY時代

プロトタイピング向けのフィジカルコンピューティングのハードルが一気に下がってるのと同じように、実は日曜大工界隈もツーバイフォーを中心にものづくりのハードルが確実に下がってきているのです。

ポキオ ツーバイフォー ことはじめ

例えば、突っ張り棒用のアタッチメント。これはツーバイフォー材向けにピッタリのサイズのものが既製品として販売されていて、雑な言い方をするといい感じの長さのツーバイフォー材に、このアタッチメントを取り付けると、速攻で突っ張り棒に変身するというもの。

あと、木に塗るニスも、百均で買えてしまいます。もちろんハケも。

ポキオ ツーバイフォー ことはじめ

本当に良い世の中です。というわけで、早速作っていきましょう。

木を買う

木を買えたら、全行程の50%が完了します。

ポキオ ツーバイフォー ことはじめ

というのも、ツーバイフォー材は大きくなりがちで運ぶのも一苦労だったりします。

www.instagram.com

柱を設置する場所の天井の高さは約2.4メートルで、本当はそれくらいの長さの木材が欲しかったのですが、車に載りそうにないので6フィート(約1.8メートル)の木材を購入。ちなみに、この木材1本でだいたい500円以下。大きさの割にリーズナブルなお値段です。

木を切る

次に木を切ります。

ポキオ ツーバイフォー ことはじめ

以前買ったブラックアンドデッカーが火を噴きます。

この電動工具、ドリルドライバーとしてつかえるだけでなく、ジグソーやサンダーとしても使えるスグレモノ。とりあえずよしなな長さに切って、サンダーで表面をきれいにします。

とはいえ、ジグソーでの直線切断はムズカシイので、この作業のあとマルノコも購入しました・・・。

木を繋ぐ

諸般の事情から長い木が買えなかったので、短い木をつないで必要な長さを確保する必要があります。

ポキオ ツーバイフォー ことはじめ

ただ、ツーバイフォー材を接合するのも非常に簡単で、それ用の金具やキットが売られています。今回は、先ほど紹介したディアウォールのジョイントパーツで接続します。接合部にカバーを被せて、ボルトを数本打つだけ。簡単です。

木を塗る

今回のSPF材はこのままでもきれいなんですが、変に中2病を罹患しているので、今回は無駄に黒目に塗ってみようと思います。

ポキオ ツーバイフォー ことはじめ

先ほどの100均ニスに水を少し加えながら、ハケでツーバイフォー材に塗り塗りしていきます。誤って床を塗らないように細心の注意を払います。

木を立てる

ここまで来たら、できたも同然。

ポキオ ツーバイフォー ことはじめ

接合したツーバイフォー材の両端にディアウォールのアタッチメントを取り付けます。天井側のアタッチメント内部にはバネが内蔵されているため、このテンションによってツーバイフォー材が倒れない様になっています。

そこに、無駄に時計やら、フックやら、小物いれやら、いろいろつけて完成。

www.instagram.com

達成感。

まとめ

  • ツーバイフォー材は安い
  • 運ぶの大変
  • 工具沼の危険
  • 壁は傷つけないから賃貸でも大丈夫
  • 木を触っていると落ち着く
  • 会社休んで木と触れ合っていたい
  • 大工になりたい
「Androidのメモとか」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログは個人的なメモ書きであったり、考えを書く場所であります。執筆者の所属する団体や企業のコメントや意向とは無関係であります。また、このブログは必ずしも正しいことが書かれているとは限らず、誤字脱字や意図せず誤った情報を載せる場合がありえます。それが原因で読者が不利益を被ったとしても、執筆者はいかなる責任も負いません。ありがとうございます。