Androidのメモとか

ポキオの日記です。今日も遅延してない。

続・SonosのNode-RED向けノードを更新して様々な情報を取得できるようにしました

スポンサードリンク

つけめんたべたい。

ポキオ Node-RED Sonos

ちょっとずつ機能を増やしてます

前回もちょっと機能を増やしましたが・・・。

relativelayout.hatenablog.com

IssueでSonosのスピーカー名を取りたいという話したあったので、今回はそれに対応しました。

github.com

flows.nodered.org

v0.1.9から、msg.nameにPlayerの名前が入るようになりました。こんな感じです。

{
    "name": "Living Room",   // a name of Sonos player.
    "event": "CurrentTrack",   // event kind. if `More Events` is checked, this may vary.
    "address": "192.168.1.35",   // an ip address of Sonos player.
    "payload": {   // current track info is included in `payload`.
        "id": null,
        "parentID": null,
        "title": "Scream & Shout",
        "artist": "will.i.am",
        "album": "#willpower",
        "albumArtURI": "https://i.scdn.co/image/ab67616d0000b2738165b764264fb3705d7367d6",
        "uri": "x-sonos-spotify:spotify:track:xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx",
        "duration": 282,
        "queuePosition": 1
    },
    "_msgid": "xxxxxxxx.xxxxxx"
}

Node-RED Dashboardにぶちこむ

さて、色々情報が取れる様になってきたので、これをNode-RED Dashboardを使って可視化もできちゃいます。

ポキオ Node-RED Sonos

Artworkなどの情報は、上記のCurrentTrackのイベントから取得可能ですし、PlayStateやVolumeなども通知するような設定にしておけば取得できますので、あとは情報をNode-RED Dashboardに送るだけです。こんな感じで可視化できると楽しいですねぇ。

ポキオ Node-RED Sonos

Dashboardから入力を受け取って、それをトリガーにSonosをコントロールもしてみたいですね・・・。おっと、今回はこのへんで。

「Androidのメモとか」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログは個人的なメモ書きであったり、考えを書く場所であります。執筆者の所属する団体や企業のコメントや意向とは無関係であります。また、このブログは必ずしも正しいことが書かれているとは限らず、誤字脱字や意図せず誤った情報を載せる場合がありえます。それが原因で読者が不利益を被ったとしても、執筆者はいかなる責任も負いません。ありがとうございます。