Androidのメモとか

ポキオの日記です。今日も遅延してない。

enebular + Sonos + 導電糸で 快適テレワーク環境を作ってみた

スポンサードリンク

スワイプできる椅子。

ポキオ enebular + Sonos + 導電糸で 快適テレワーク環境を作ってみた

tl;dr

speakerdeck.com

静電容量センサーと導電糸の組み合わせ

もともと静電容量センサーをつかったユーザーインターフェイスをもったガジェットを作っていました。触ったりすることで、何かのトリガーとなり得るなと確信を得ていたわけです。

relativelayout.hatenablog.com

今回、この静電容量センサーに導電性の糸を組み合わせて、糸を縫い込んだ布をさわることを検知し、普段使っているホームオーディオシステム「Sonos」の曲送りができないか、やってみました。

全体の構成

今回は、テレワークで使っているアウトドア用の椅子をハックしていきます。

ポキオ enebular + Sonos + 導電糸で 快適テレワーク環境を作ってみた

relativelayout.hatenablog.com

この椅子のサイドのポケットに、導電性の糸を縫い付けて、スワイプを検知できるようにしていきます。

ポキオ enebular + Sonos + 導電糸で 快適テレワーク環境を作ってみた

スワイプは静電容量センサーMPR121とマイコンボードESP8266を使って検知します。

ポキオ enebular + Sonos + 導電糸で 快適テレワーク環境を作ってみた

ESPr Developer(ピンソケット実装済)

ESPr Developer(ピンソケット実装済)

  • メディア: おもちゃ&ホビー

スワイプを検知したあとは、ESP8266からenebular・IFTTTを経由してSonosスピーカーの制御を行います。

ポキオ enebular + Sonos + 導電糸で 快適テレワーク環境を作ってみた

かんたんに曲送り可能に

テレワークでSonosで音楽を聞きがちなんですが、テレワークで使っている椅子がSonosのリモコンとして使えるようになり、かなり便利になりました。

ポキオ enebular + Sonos + 導電糸で 快適テレワーク環境を作ってみた

また、あえてenebularを経由してIFTTTにアクセスさせることで、急なロジック変更時もマイコンの実装を変えることなく、enebularのフローを変えるだけで変更するだけなので臨機応変に対応することができるのでいい感じです。

「Androidのメモとか」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログは個人的なメモ書きであったり、考えを書く場所であります。執筆者の所属する団体や企業のコメントや意向とは無関係であります。また、このブログは必ずしも正しいことが書かれているとは限らず、誤字脱字や意図せず誤った情報を載せる場合がありえます。それが原因で読者が不利益を被ったとしても、執筆者はいかなる責任も負いません。ありがとうございます。