Androidのメモとか

ポキオの日記です。京急は神。

ESP8266向けのIFTTTライブラリを更新しました:値の送信に対応

スポンサードリンク

大晦日ですね。

ESP8266IFTTT

ライブラリを更新しました

github.com

公開中のESP8266IFTTTですが、今回v1.1をリリースしました。今回の更新により、値の送信が可能になりました。

いままでは、

IFTTT.trigger(IFTTT_WEBHOOK_NAME, IFTTT_KEY);

こんな感じで、IFTTT Webhooksに対して、Triggerを打つだけの仕様でしたが、これに加えて、

IFTTT.trigger(IFTTT_WEBHOOK_NAME, IFTTT_KEY, value1, value2, value3);

こんな感じで、値をIFTTT Webhooksに対して送信できるようにしました。

  • 値は最大3つまで。
  • 値はすべてString。
  • これらの値は、全てIFTTTのレシピ上で使うことができます。

ご査収ください。

「Androidのメモとか」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログは個人的なメモ書きであったり、考えを書く場所であります。執筆者の所属する団体や企業のコメントや意向とは無関係であります。また、このブログは必ずしも正しいことが書かれているとは限らず、誤字脱字や意図せず誤った情報を載せる場合がありえます。それが原因で読者が不利益を被ったとしても、執筆者はいかなる責任も負いません。ありがとうございます。