読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Androidのメモとか

AndroidよりESP8266の記事が多いんだよね

Raspberry PiをArduino IDE(Linux ARM)を入れてESP8266にプログラムを焼く機械にしてみた

スポンサードリンク

Mac OS Yosemiteだと上手く書き込めなかった

relativelayout.hatenablog.com

前回は色々悩みました。結局Windowsで書けたのでOKだったんですが、マカーには一定の厳しさが残りました。

ESPr Developerとは

おさらい。

ESPr Developer(ESP-WROOM-02開発ボード)

www.switch-science.com

ESP-WROOM-02(いわゆるESP8266)が乗ったボード。USBシリアル変換基板も乗っているので、PCとUSB接続してそのまま開発ができます。開発環境としてはArduinoIDEが利用可能です。

Linux ARM向けのArduino IDE

Arduino本家を覗いてみると、いつの間にかLinux ARM向けのArduino IDEがDLできるようになっていました。(ブログ執筆時はexperimentalとして公開)

https://www.arduino.cc/en/Main/Softwarewww.arduino.cc

LinuxでARMって・・・Raspberry Pi。もしかして、Raspberry PiからArduinoの開発ができるのかもしれない、ESPr Developerが使えるかもしれない。そう思ったわけです。インストール自体は簡単で、公式サイトからダウンロードして、ファイルを解凍。解答したフォルダを/opt直下に移動。install.shを実行するとインストールが完了します。

Arduino・ESP8266にプログラムを焼く機械と化した

インストールが完了するとデスクトップに勝手にArduino IDEのリンクが生成されます。もちろんダブルクリックでIDEを起動できます。

Arduino IDE on Raspberry Pi

ESPr DeveloperなどのESP8266系のボードは、Win/Mac同様、ボードマネージャからesp8266を追加すれば問題なく使えます。

Arduino IDE on Raspberry Pi

Raspberry PiにESPr Developerをつなぐ図。開発はtightsvnserverを使ってVNCでつないでいます。なんかシュールですね。Macと違ってRaspberry Piでは問題なくESPr Developerにプログラムを書き込めました。

Arduino IDE on Raspberry Pi

とりあえず、開発環境が整いました。

モノのインターネットのコトハジメ (Shoeisha Digital First)

「Androidのメモとか」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログは個人的なメモ書きであったり、考えを書く場所であります。執筆者の所属する団体や企業のコメントや意向とは無関係であります。また、このブログは必ずしも正しいことが書かれているとは限らず、誤字脱字や意図せず誤った情報を載せる場合がありえます。それが原因で読者が不利益を被ったとしても、執筆者はいかなる責任も負いません。ありがとうございます。