Androidのメモとか

ポキオの日記です。今日も遅延してない。

Raspberry PiとPaPiRus Hatで電子ペーパーデビューしてみた

スポンサードリンク

電子ペーパーに手を出した!

Raspberry Pi PaPiRus Hat 電子ペーパー

PaPiRusとは?

www.pi-supply.com

github.com

Raspberry Pi向けの電子ペーパーハット(シールド)のことです。気軽に電子ペーパーにチャレンジできるのと、APIもちゃんと準備されているので、色々楽しめそうです。

とりあえず触ってみる

先程のAPIですが、下記のコマンドでインストール可能。

curl -sSL https://pisupp.ly/papiruscode | sudo bash

これでPythonAPIがインストールされるわけですが、コマンドラインツールも同時に使えるようになります。今回はめんどくさいのでコマンドラインツールを使ってみます。

文字を書いてみる

papirus-write "pokio"

これでOK。

Raspberry Pi PaPiRus Hat 電子ペーパー

こんな感じで文字が電子ペーパーに表示されます。電子ペーパーなので、Raspberry Piの電源を切っても表示され続けます。ただし、日本語の表示には対応していない模様。

画像を表示してみる

便利なことに、画像も表示できます。

papirus-draw [画像のパス]

いい感じにリサイズされて表示されます。

Raspberry Pi PaPiRus Hat 電子ペーパー

カラーの画像も、よしなに変換してくれます。

文字や画像を消す

良くも悪くも、電源を切っても画像が表示され続けるので、電子ペーパーの表示を消すには明示的にコマンドを投げる必要があります。

papirus-clear

とりあえず、任意の画像を表示できそうなので、日本語も画像に変換してしまえば、なんでも簡単に表示できそうです。

「Androidのメモとか」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログは個人的なメモ書きであったり、考えを書く場所であります。執筆者の所属する団体や企業のコメントや意向とは無関係であります。また、このブログは必ずしも正しいことが書かれているとは限らず、誤字脱字や意図せず誤った情報を載せる場合がありえます。それが原因で読者が不利益を被ったとしても、執筆者はいかなる責任も負いません。ありがとうございます。