Androidのメモとか

ポキオの日記です。今日も遅延してない。

Node-REDのDashboardを使ったら秒で京急運行情報ページができた

スポンサードリンク

良き。

ポキオ Node-RED Dashboard 京急

Node-RED Dashboard

そんなものもあったなぁと思いながら、今まで一回も使ったことなかったんですが、いざ使ってみると最高ですね、控えめに言って。

flows.nodered.org

Node-REDのFlowで扱っているデータの可視化を簡単にできるのがDashboardで、Webページを作ることができます。

やってみよう

とりあえずDashboardを試してみようと思います。まずは、先程のnode-red-dashboardノードをインストールします。

ポキオ Node-RED Dashboard 京急

すると、こんな感じでノードがモワッと増えます。これらはそれぞれDashboard上のUIの部品に対応していて、いろいろな表示が可能になっています。今回はシンプルに京急運行情報を表示するだけのDashboardを作ってみます。

ポキオ Node-RED Dashboard 京急

使うノードは3つで、

  • インジェクションノード:京急ノード発火用
  • 京急ノード:以前作った、京急運行情報を取得するだけのノード
  • UI Textノード:京急運行情報を表示するUIパーツ

これらをただつないで、UI Textノードの設定で、表示設定をしてあげると・・・。

ポキオ Node-RED Dashboard 京急

こんな感じで、チョッパヤでWebページが作れました。(URLは気にしないでw)

Dashboard、UIパーツのバリエーション的に、センサーデータの可視化とかに向いてそうな雰囲気があるので、Node-REDだけでセンサー監視画面とか簡単にできちゃいそう・・・。これは事件ですね。

「Androidのメモとか」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログは個人的なメモ書きであったり、考えを書く場所であります。執筆者の所属する団体や企業のコメントや意向とは無関係であります。また、このブログは必ずしも正しいことが書かれているとは限らず、誤字脱字や意図せず誤った情報を載せる場合がありえます。それが原因で読者が不利益を被ったとしても、執筆者はいかなる責任も負いません。ありがとうございます。