Androidのメモとか

ポキオの日記です。今日も遅延してない。

電池ボックスを改造してmicro:bitの電源をスマートな感じで供給できるようにした

スポンサードリンク

なんかいい感じ!

micro:bit  battery 電池

所謂、電源どうするんだ問題

マイコンを触ってて、いつもぶち当たる問題の一つが電源。

micro:bit  battery 電池

購入したのはスターターキットだったので、電池ボックスが付属していたものの、単4電池2本ということもありバッテリー駆動時間が心配なのと、電源コードがどうもスマートではないような印象でした。

そこで電池ボックス

既存の電池ボックスを改造して、GNDと3V端子に直接電気を流してやればいいのでは?そう思ってぐぐると、すでに先人がやっていました。

qiita.com

僕は単3電池が大好きなので、単3電池3本が入るスイッチ付き電池ボックスを改造して、micro:bitに給電してみたいと思います。

いざ工作

こういう電池ボックスを買ってきまして、

micro:bit  battery 電池

電極を取り外していきます。単3電池1本分のスペースを、micro:bitの端子を接続するために使って、残りの2本分のスペースを電池用にアサインします。

micro:bit  battery 電池

micro:bitの穴と同じように、電池ボックスにも穴を開けていきます。

micro:bit  battery 電池

端子 といっても、ボルトとナットでなんとかしていきます。それぞれ2個づつつかって、3V端子とGND端子を作って、それをmicro:bitに接続します。

micro:bit  battery 電池

micro:bitに表面実装されている素子が電池ボックスと干渉するので、スペーサを噛ませて固定します。これで完成!

うーん!いい感じ!

micro:bit  battery 電池

コンパクトなmicro:bitのよさみをスポイルすることなく、低コストでコンパクトに、スマートに電源供給ができるようになりました!やったね!

以下、ごめんなさい案件です。

  • リセットボタンが押せなくなった
  • 穴を5個も開ける必要はなかった
「Androidのメモとか」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログは個人的なメモ書きであったり、考えを書く場所であります。執筆者の所属する団体や企業のコメントや意向とは無関係であります。また、このブログは必ずしも正しいことが書かれているとは限らず、誤字脱字や意図せず誤った情報を載せる場合がありえます。それが原因で読者が不利益を被ったとしても、執筆者はいかなる責任も負いません。ありがとうございます。