Androidのメモとか

ポキオの日記です。今日も遅延してない。

enebularで作ったフローをHerokuにデプロイして動かしてみる

スポンサードリンク

ワークアラウンドですが。

ポキオ enebular heroku

前回まで

relativelayout.hatenablog.com

以前、enebularとFirebaseを組み合わせて、仮想の鉄道会社の運行情報ページを作成し、運行情報を色々変えられる仕組みを作りました。今回は、それをHerokuにデプロイして、ワークするかやってみました。

ただし、執筆時はenebularのAgentAppがNode.js 10系の環境で正しく動作しないため、ワークアラウンドの対応を入れて動作させています。予めご了承ください。

qiita.com

github.com

enebularのダッシュボードからHerokuにデプロイ

前回作ったフローの管理画面を開きます。この画面のDeploy Flowを押すと、AWSやらHerokuやらに、このフローをデプロイすることができます。

ポキオ enebular heroku

ちなみに、今回デプロイしようとしているフローはこんな感じ。

ポキオ enebular heroku

特定のパスにアクセス(HTTP GET)があった時に、Firebaseに現在のダミーの運行情報を問い合わせて、その結果に応じてレスポンスで返すページの内容を変化させるもの。他にも、地味な実装が色々入っていて、

  • 特定のパスにアクセスをすると、運行情報を変更できる
  • 運行情報変更時に、変更されたことをTwitterに投稿する
  • それ以外のタイミングでも定期的にTwitterに投稿する
  • Herokuがスリープに入らないように、定期的に自分自身のページをGETする(上記フローには含まれていませんが、あとから追加しました)

さて、このDeploy Flowボタンを押してHerokuを選択すると、こんな感じのDialogが表示されます。

ポキオ enebular heroku

どのAppにDeployするか選択します。(予めHeroku向けのenebular Agent AppをHerokuにプッシュしておく必要があります。)デプロイ自体は一瞬で終了します。

Node-REDごとデプロイされる

Herokuから割り振られた自分のURLを叩くと、こんな感じでNode-REDへのログイン画面が現れます。

ポキオ enebular heroku

設計したフローがよしなに変換されてDeployされるわけではなく、Node-REDごとDeployされるので、Deployしたあとからでもフローを編集可能です。もちろん、enebularでフローを編集してから再度HerokuにDeployすることも可能です。そのへんはよしなに。

Heroku向けのAgent AppをPushしたときに設定したID/Passwordでログインすると、見慣れたNode-RED画面が表示されます。

ポキオ enebular heroku

今回はスマホからアクセスしてみましたが、フローの編集も簡単にできました。

実際にアクセス

フロー上で設定したURLにアクセスすると・・・

ポキオ enebular heroku

ちゃんと動いてそうですねぇ。そして、定期的に実行するように設定していたTwitterも・・・

ポキオ enebular heroku

ちゃんと投稿されてますねぇ。慣れてしまえば、シュッとデプロイできるので、プロトタイピングにはうってつけなのではないでしょうか。

「Androidのメモとか」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログは個人的なメモ書きであったり、考えを書く場所であります。執筆者の所属する団体や企業のコメントや意向とは無関係であります。また、このブログは必ずしも正しいことが書かれているとは限らず、誤字脱字や意図せず誤った情報を載せる場合がありえます。それが原因で読者が不利益を被ったとしても、執筆者はいかなる責任も負いません。ありがとうございます。