Androidのメモとか

ポキオの日記です。今日も遅延してない。

他意はないけどArduinoでPCがスリープしないようにしてみたよ

スポンサードリンク

やましいことなんてなにもない(震)

ポキオ Arduno Freaduino

マウスとして振る舞うArduino

以前、Arduinoをキーボードデバイスとしてエミュレーションすることで、世にはびこる無駄な定型文をボタン一つで入力できるようにしました。 今回は、その応用とも言うべき使い方をしてみようと思います。

relativelayout.hatenablog.com

というのも、(細かいことは言いませんが)PCが勝手にスリープしてしまって、スリープ解除しようとしたらパスワードを求められて、めんどくさいなって思って、スリープに落ちる時間を調整しようと思ったら、なんか権限がなくて変えられなかったりすることってあるじゃないですか?あるんですよ。そういうときに、スリープに落ちないようにPCを起きたままにしておいてくれるデバイスがあればなぁと思い、作ってみました。

ATmega32U4搭載のArduinoでできる技

マウスやキーボードのエミュレーションは、どのArduinoでもできるわけではなくて、ATmega32U4が搭載されているものに限られます。が、互換ボードでも安くてATmega32U4を搭載しているものもあるので最高です。

こんな感じで「定期的にちょっと動かす」っていうルーティンを実装できちゃいます。

#include <Mouse.h>
#define INTERVAL 1 * 60 * 1000
#define DELTA 10


void setup() {
  Mouse.begin();
}

void loop() {
  Mouse.move(DELTA, 0, 0);
  delay(100);
  Mouse.move(0, DELTA, 0);
  delay(100);
  Mouse.move(DELTA * -1, 0, 0);
  delay(100);
  Mouse.move(0, DELTA * -1, 0);
  delay(100);
  delay(INTERVAL);
}

これで、画面がロックされなくなるぞーーー!

「Androidのメモとか」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログは個人的なメモ書きであったり、考えを書く場所であります。執筆者の所属する団体や企業のコメントや意向とは無関係であります。また、このブログは必ずしも正しいことが書かれているとは限らず、誤字脱字や意図せず誤った情報を載せる場合がありえます。それが原因で読者が不利益を被ったとしても、執筆者はいかなる責任も負いません。ありがとうございます。