Androidのメモとか

ポキオの日記です。今日も遅延してない。

M5Stack ATOM Lite (Motion Kit) ことはじめ

スポンサードリンク

久しぶりのM5Stack。

ポキオ M5Stack ATOM Lite Motion Kit

これ買いました。

ATOM Lite Motion Kitを買ってみました。

www.switch-science.com

久しぶりのセットアップだったので、メモも兼ねて手順を残しておきます。

ポキオ M5Stack ATOM Lite Motion Kit

今回買ったのはM5Stack ATOM Lite Motion Kitですが…

ポキオ M5Stack ATOM Lite Motion Kit

今回は同梱されているATOM Liteのセットアップの話がメインになります。

ATOM Lite

ATOM Lite

  • スイッチサイエンス
Amazon

まずはファームを焼く

ここにアクセスして、M5Burnerをダウンロード。

shop.m5stack.com

アプリを起動して、ATOMのカテゴリーを表示。

ポキオ M5Stack ATOM Lite Motion Kit

UIFLOW LITE」を見つけて、最新ファームをダウンロードします。

ポキオ M5Stack ATOM Lite Motion Kit

ダウンロードが完了すると、「Burn」できるようになるので、USBケーブルでM5Stack ATOM Liteを接続して「Burn」をクリック。

ポキオ M5Stack ATOM Lite Motion Kit

最初にM5Stackに設定するSSID/PWの入力が求められるので、とりあえず自宅のAP情報を入力。

ポキオ M5Stack ATOM Lite Motion Kit

入力が完了すると、ファーム焼き焼きが開始されます。

UIFLOWとの連携

M5Stackファミリーの真骨頂であるUIFLOWと連携するために、API Keyが必要になるんですが。

flow.m5stack.com

ATOM Liteはディスプレイを持たないため、API KeyをM5Burnerから取得する必要があります。

ポキオ M5Stack ATOM Lite Motion Kit

M5Burnerの画面の「Burn」の隣の「Configure」を押すと・・・

ポキオ M5Stack ATOM Lite Motion Kit

こんな感じでAPI Keyが取得できます。

ポキオ M5Stack ATOM Lite Motion Kit

これをUIFLOW上で入力すると、無事に連携することができます。

ポキオ M5Stack ATOM Lite Motion Kit

とりあえずLEDをいろんな色に光らせてみます。

ポキオ M5Stack ATOM Lite Motion Kit

光ってますね(笑)

UIFLOWからMotion Kitは制御できるの?

UNIT一覧を見ると・・・

ポキオ M5Stack ATOM Lite Motion Kit

Motion Kitがないっぽいので、ゴリゴリポートを指定して使うか、潔くArduino IDEでやったほうが簡単かもしれませんね。

UIFLOWの [BASE] > [MOTION] からモーターやサーボのブロックがあり、そこから実装可能でした!かんたんだね!

ポキオ M5Stack ATOM Lite Motion Kit

「Androidのメモとか」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログは個人的なメモ書きであったり、考えを書く場所であります。執筆者の所属する団体や企業のコメントや意向とは無関係であります。また、このブログは必ずしも正しいことが書かれているとは限らず、誤字脱字や意図せず誤った情報を載せる場合がありえます。それが原因で読者が不利益を被ったとしても、執筆者はいかなる責任も負いません。ありがとうございます。