Androidのメモとか

ポキオの日記です。今日も遅延してない。

M5STACKでデジタル名刺を作る

スポンサードリンク

クールに自己紹介。

ポキオ M5STACK

M5STACKで何しよう?

relativelayout.hatenablog.com

前回、ノリで買ってしまったM5STACK。ノリで買ったのはいいものの、いい感じのユースケースが思い浮かびませんでしたが、後輩の@ktansaiがいい感じのデジタル名刺を作っていたので、早速パクらせていただきました(笑)

準備するもの

  • M5STACK
  • 表示する画像
  • Micro SDカード
  • パクってもいいじゃないかという強い心

正直言うと、SDカードではなく、画像を内蔵ストレージに書き込んでもいいのですが、それでは本家と全くおなじになってしまうので、私はSDカードに書き込んで、プログラムからそれを参照してみます。

画像

320x240のJPG画像を数枚用意しました。macOSKeynoteでテキトーに作りました。

プログラム

MicroPythonで書きました。

github.com

  • ButtonAとCを押すと、画像が変わる仕組みになっています。
  • SDカードはわざわざマウントしてあげる必要があります。
  • 画像の表示は便利関数が用意されています。
from m5stack import lcd
from m5stack import buttonA
from m5stack import buttonC
import uos
import utime

imageList = ["/sd/image1.jpg", "/sd/image2.jpg",
             "/sd/image3.jpg", "/sd/image4.jpg"]
position = 0

uos.mountsd()

lcd.clear()
lcd.image(0, 0, file=imageList[0], scale=0, type=lcd.JPG)

while True:
    if buttonA.wasPressed():
        position = position + 1
        lcd.clear()
        lcd.image(0, 0, file=imageList[position %
                                       len(imageList)], scale=0, type=lcd.JPG)
    if buttonC.wasPressed():
        position = position - 1
        lcd.clear()
        lcd.image(0, 0, file=imageList[position %
                                       len(imageList)], scale=0, type=lcd.JPG)

    utime.sleep(0.1)

いざプログラム実行!

いい感じっすねー。

ポキオ M5STACK

これで、ドヤ顔して勉強会にいけますね!

M5Stack Basic

M5Stack Basic

  • メディア: おもちゃ&ホビー

「Androidのメモとか」は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログは個人的なメモ書きであったり、考えを書く場所であります。執筆者の所属する団体や企業のコメントや意向とは無関係であります。また、このブログは必ずしも正しいことが書かれているとは限らず、誤字脱字や意図せず誤った情報を載せる場合がありえます。それが原因で読者が不利益を被ったとしても、執筆者はいかなる責任も負いません。ありがとうございます。